<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

痛風を抑えるには専用の薬を使うこと!!

怖い、、、寝るのが怖い、、、、朝起きると、またやってくるのかもしれない、、、それが痛風の恐ろしさなんです、、、雅庵なことになるとは思ってもいまっせんでしたから、、、

朝起きた時に、別途から、歩こうとしたら、アレほどの痛みが起こると、、、これが痛風なんですよね、、、こんな痛みが起こると、、、もうシンでしまうのではないかと思いました。

すぐに、痛み止めの薬であるバファリンを飲みました。飲みましたが、一向に痛みは収まりません。どうしたら良いのかわからずに、とりあえず、インターネットで調べると、冷たい小悪露などで冷やし、横になるといいというふうに記載されていたために、そのとおりにすると、たしかに激痛はおさまることができましたが、体を動かすことができませんでした。

その日はたまたま仕事が休みだったために、難を逃れたわけなんですが、これが仕事だったら、どうなっていたことか。

毎日のように、ビールを飲んだり、好きなものを大量に食べていたのが原因ではないかと思います。

これからは、ビールの量を改めなくてはいけないと思います。それから、もしまた痛風が起こらないように、専用の薬を設置しておこうかと思います。そうすることで、なんとか痛みを痛風を抑えることができるとのことです。

薬の名前がファブリクです。痛風が起こる前日などに、足がピクピクと反応するそうです。ちゃんとしたケアをしておかなくてはいけませんね。




[PR]
by wauihoukou | 2017-07-30 17:54

自分にあった料理にすること

食べる順番を変えるだけで本当に変わるものなんですかね?ちょっとした工夫でできる太らない食べ方などもあると言われていますが、自分にとってどれだけのことを考えて行えるのかでも良いのかもしれません。つまり、食物の使い分けを行うことで、自分にとって体内に吸収する部分をかなり変えることができるかもしれない。細かいことは別にして、覚えておいていきたいのが、バランス浴そして順番を整えることです。

日本人はご飯をたくさん食べてお腹いっぱいにしないと物足りなく感じてしまうことです。しかしながら、これからまた主食、主催、副菜や汁物、人シルフ多彩を基本んいしてこんdなs手を作っておくことが重要になると言われています。ただし、最近ではスーパーなどで販売されているのも、簡単に料理ができて、カロリーが高いので注意しなくてはいけないことが多いですね。

食べる順番にも気をつけて、本当に自分にあった料理をしておくことが重要になります。まずは汁物、次に野菜中心のオフ料理にもなるはずで、それから主催と主食を食べるようにしたいですね。

こうすれば、低エネルギーで食物繊細やビタミンが豊富な汁物や汁祭でまず満腹感をえられ、主食や主催に多い糖質や脂質のとりすぎを自然に防ぐことができます。

[PR]
by wauihoukou | 2017-07-15 17:54