痛風を抑えるには専用の薬を使うこと!!

怖い、、、寝るのが怖い、、、、朝起きると、またやってくるのかもしれない、、、それが痛風の恐ろしさなんです、、、雅庵なことになるとは思ってもいまっせんでしたから、、、

朝起きた時に、別途から、歩こうとしたら、アレほどの痛みが起こると、、、これが痛風なんですよね、、、こんな痛みが起こると、、、もうシンでしまうのではないかと思いました。

すぐに、痛み止めの薬であるバファリンを飲みました。飲みましたが、一向に痛みは収まりません。どうしたら良いのかわからずに、とりあえず、インターネットで調べると、冷たい小悪露などで冷やし、横になるといいというふうに記載されていたために、そのとおりにすると、たしかに激痛はおさまることができましたが、体を動かすことができませんでした。

その日はたまたま仕事が休みだったために、難を逃れたわけなんですが、これが仕事だったら、どうなっていたことか。

毎日のように、ビールを飲んだり、好きなものを大量に食べていたのが原因ではないかと思います。

これからは、ビールの量を改めなくてはいけないと思います。それから、もしまた痛風が起こらないように、専用の薬を設置しておこうかと思います。そうすることで、なんとか痛みを痛風を抑えることができるとのことです。

薬の名前がファブリクです。痛風が起こる前日などに、足がピクピクと反応するそうです。ちゃんとしたケアをしておかなくてはいけませんね。




[PR]
by wauihoukou | 2017-07-30 17:54
自分にあった料理にすること >>